×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目次 [1] [2]
[無料占い] [無料ゲーム]

バリ島 (Bali) は、東南アジアインドネシアに属する。西にジャワ島、東にロンボク島と一列に島が並んでいる一部。バリの海岸からジャワ島が見える程(バリ海峡の最も狭いところは3kmほどである)近い。 言語はバリ語であるが、放送などは公用語のインドネシア語であり、子どもたちは小学校入学前からこれを学ぶため、老人などを除き、インドネシア語会話に不自由がない。それどころか、バリ語は敬語表現が複雑かつ厳密なため、使い慣れないランクの敬語を使わなければならない相手とは、あえてバリ語を避けてインドネシア語を使うこともあるという。 宗教はバリ・ヒンドゥーが有名だが、イスラム教(回教)信者の増加が著しい。キリスト教徒もいる。

歴史

ジャワ原人の故地であるジャワ島に隣接し、ドンソン文化の影響を受けた銅鼓が発見されるなど、古くから人が住み稲作を中心に文明が開けていたと推定されるが、4世紀に移動して来たヒンドゥー教に属する人々が来てから大きく発展した。 9世紀頃から独自の王朝を築いていたことが資料から窺えるが、常にジャワ島の政権の影響下にあり、1342年マジャパヒト王国に侵攻された後はその支配下にあった。16世紀にマジャパヒト王国が、イスラム勢力により衰亡すると、ジャワ島から独立し、ゲルゲル王朝が成立し、東進するイスラム勢力に対抗した。17世紀になると、 オランダ東インド会社を始めとしたヨーロッパ勢力の進出が見られたが、これと言った特産品のないバリ島は植民地統治上特に重視されず、各地方の王族の支配下で、バリ人による自治を保った。 19世紀帝国主義的風潮の下、オランダはバリ島の植民地化を進め、各地の王家を武力により支配下におき、1908年バリ島の名目的支配者であったクルンクン朝を滅ぼし、全土を植民地とした。オランダは、各地の王族を通した間接支配を行い、灌漑・道路等農業設備を整理しアヘンやコーヒーと言った商品作物の栽培を奨励する一方で、奴隷制の廃止、学校の設営、風俗改革(裸身の禁止)等ヨーロッパ的近代化政策も実施した。また、この当時、バリ島の風俗がヨーロッパに紹介され、それに魅せられたヨーロッパの芸術家が来島、現在の観光の目玉である音楽(ガムラン等)、舞踏(レゴンケチャ等)、絵画の様式が確立する。

太平洋戦争時、バリ島は日本の占領下にあったが、終戦後、オランダの再支配に対して抵抗した。殊にゲリラ部隊を率いて壮烈な戦死を遂げたグスティ・ングラ・ライ(Gusti Ngurah Rai)中佐は、英雄としてその名を国際的な玄関口であるングラ・ライ空港デンパサール国際空港の現地正式名称)にとどめている。スカルノらの活躍により、蘭領インドネシアは1949年オランダから独立し、1950年バリ島はインドネシア共和国に参加する。参加当初から、宗教問題が最大の問題であったが、インドネシア政府の繊細な配慮の下(観光による外貨獲得が最大の目的であった可能性は大であるが)、独自の文化を維持しつつ世界的観光地へと成長した。

農業

  • 水利、灌漑

島は、以前は砂漠の島だったと言われ、島の中央の山に湖があるものの、水は全て北側に流れて行き、南側は乾燥していた。この湖の水をトンネルを掘って南側に導き、この水の流れを計画の元に分岐しながら水量を計算通りに振り分けて行き、島の南側全体を緑にあふれる土地に改造した。 この水を管理する技術は今も使われており、島は食糧が豊富に育つ。例えばは二毛作から三毛作が可能で、そのため人々は余裕を持った生活をすることができて、農民は朝夕それぞれ2、3時間働くと、その日の残りは絵画、彫刻、音楽、ダンスなどの芸術的な創作活動に当てられ、バリは芸術の島として世界的に知られている。バリ舞踊、その伴奏にも使われるバリガムラン、舞踊芸術のケチャが有名である。

民俗、宗教

祭事、儀礼

また、宗教的な活動にも多く時間を使われ、毎日小さな島のどこかで祭が行われていることでも知られる。現在、観光的に知られたため観光の事業を目的とした人々がジャワ島から移って来ておりイスラム教徒が増えているが、伝統的なバリ人はヒンドゥー教に属しバリ・ヒンドゥーと呼ばれる独特な伝統を伝えている。

生活

バリ人は非常に精神的に満足し進歩した人々で、西洋的な生活にはあまり興味を持たない。

むしろ物質文明・近代文明のしがらみに疲れた西洋人や日本人がバリに長期滞在しバリの文化を学んで行くのを誇りにしている。数ヵ月から数年バリに滞在する西洋人や日本人には、絵画音楽彫刻ダンスなどを学んでいたり、自分達独自の芸術的な活動をしている人々が多い。
(詳細は「優しいバリ 私が「わたし」に返る島姿月あさと著)」参照)

観光

芸能・芸術の島として世界的に有名で、かつ、早くからビーチリゾートが開発されてきたため、世界的な観光地となっており、島の貨幣経済は観光収入で成立していると言っても過言ではない。先進国に比べると物価水準がかなり低廉であるため、先進国の比較的若年層でも十分楽しめることも人気の一要素で、東南アジア各地のビーチリゾートのモデルとなっている。また、この島はサーフィンのメッカのひとつで、世界中のサーファーが集まる。住民の性格は温厚であり、また、インドネシア政府も観光収入を確保するため治安の維持に力を入れており、衛生面も観光客には問題のないレベルを保っている。





何度も図書館で借りたあげく、手元に置きたくて結局購入してしまいました。バリの写真集として最高の作品です。10回以上バリを訪れましたが、空気や風やにおいまで感じさせてくれる写真集は他に見当たりません。どのページを開いても、バリにいる時の穏やかな時間がよみがえってきます。

洋書のような素敵な装幀に惹かれて中身もあまり見ないで買いましたが、これが意外に大当たり。バリの日常の風景を捉えた写真と、バリのいろんな音が聴こえてくるような小説、どちらも心地よい風のようにサワサワと心を揺さぶります。かわいいサウンドマップも付いていて、ガイドブックとしても使えそうです。読み終わったらお部屋のインテリアとして置いておくのもいいですね。

この本を持って、バリ島を訪れました。 本当にバリ島がすきな人のための一冊です。 地元の人が利用するワルンや、ロスメンの情報は メニューはもちろん、金額も地図も載っていますが おすすめだけでなく、不満も書いてあって面白い。 バリの匂いや、色を、本をめくれば思い出すことができます。 これからバリに行こうとする人、是非持って行って下さい。

バリ島の極上リゾートホテルが、魅力的な写真で構成されていて、日本にいながらにして癒されますね。この島の写真集は数あれど、普段なかなか見られないオリジナリティ溢れる写真に加え、厭味の無い英文の表記が雰囲気を高めています。今話題のアジアンスパもとってもきれい・・・。

この本は誰にも教えたくないような情報を惜しげもなくバリ通が紹介しているコンテンツです。グルメ情報を骨格としながらもバリの人との触れ合い方、買い物の仕方、穴場情報などバリを楽しむ上でのバイブル的要素を備えてます。  私もバリには3度ばかり行っておりますが、この本の中のちょっとディープなバリ情報」は大変読みごたえがありました。バリに行く予定の方必見の本だと思います。

バリのことならたいてい知っていると思っていたバリ大好きの私が、この本に驚いた。まだこんなに知らないことがあったのか、と。ローカルの人々の中に入っていき、見て聞いて触って匂って食べて・・・とにかくまるごと体験してくる著者の好奇心は、ひじょうに旺盛でありながら物腰はひかえめで、人々に教えを請うという姿勢が好印象である。

待望の!?恋するインドネシア版発売♪"旅する"に続きまたまた使えそう!!もっとパワーアップして内容ビッシリです。そしてまたまた絵がカワイくて読む気をそそる・・♪さて、内容は、"旅する"よりもくだけた話し言葉ってカンジで、dong/kok/nggakなんて出てきて、他の教本では学べない口語をマスターできそう。

この本を持って、初めての海外旅行に行きました。はじめは英語を使っていたのですが、発音が悪く通じなくて。。開き直って(笑)この本で会話を始めたところ、ローカルの方たちがみんなバリは好きか?インドネシア語を話せるか?と聞いてきてこの本で頑張ってるっていうとみんなうれしそうでした。ローカルの方との話が弾みますし、英語、日本語で話すより何倍も楽しい旅行ができます。

写真がきれいに撮れているのと、著者のわかりやすい文章に惹かれて購入してしまいました。バリに行くことは今はなかなかないのですが、この本を読んでるだけでまるでそこに自分がいるかのような錯覚に陥ります!写真ばかり、や文章ばかりだと辟易しますがほどよい量の文章に解説つきの写真でとても気に入ってます。
バリ島を何度も訪れたくなる理由に、笑顔のホスピタリティ、そして何故かホッとするホテルのシンプルで洗練されたインテリア・デザインが挙げられます。著者が椅子・テーブルなどの家具、ファブリック、籠、陶器等に魅せられ、試行錯誤しながらオーダーし持ち帰る様に、同じバリファンとして大変共感を覚えました。

バリは大好きなんで検索したらこの本に出会いました。 デジタルカメラ撮影でこんな奇麗な作品が・・・ カメラも世代交代ですね バリの生活の何気ないものが作品になっていてとても共感できます バリ好きな人は1冊持ってるといいよ!
宗教観や自然、人、そして優れた自治組織に祭り。バリを一度訪れた人に開いてもらいたい写真集である。現地で感じた疑問はこの写真集を開くとほとんど解決してしまうのである。 この写真集にはバリ島のあらゆる民俗風景がちりばめられていると言っても良い。それだけではない。ちりばめられた写真の全てが極彩色。我々訪問者が感じた魅力そのままが詰まっているといっても過言ではない。
バリが好きな女の子って今どれくらいいるのかな? 初めて行く人、すっかりリピーターの人、みんなに読んで欲しい本です。アジアのリゾート地の中でもバリは楽しみが深く最新情報があれば必ずお得になること間違いなしです。とくに、イラストも可愛いし情報の正確さに唸ってしまいました。 私もバリリピーターですが読んで楽しかったです。
憧れのバリからこぼれ落ちた雫が、そのまま詰まっています。 ウットリするような花々、人々、景観。 藤原さんの目を通して、バリの美しさを堪能できます。 必ず、行きたくなります。
凄く気に入って、今ずーっと聴いています。 バリの楽器やバリ語の語り、自然音(水の音・鳥の声・虫の声)、 を取り入れて、うま〜く曲にしてあって、 普通にティンクリック(竹琴)の演奏も1曲入っているし、 通して聴いたときのバランスが良くて聴きやすい! いい感じにバリの雰囲気が出てておすすめです(^▽^)。 ついている写真(多分Ubudのhotel IBAH)も美しくて癒されます〜
バリを初めて訪れたのは大学の卒業旅行でしたが、バリは本当に心惹かれるものが数多くあります。私が特に気に入ったにはウブドゥ。風にそよぐ水田を見ながら、足を伸ばして飲んだコーラは最高でした。そんなことを思い出しながら、この本を手に取りました。中身はバリの家家そして家。西欧の洗練された建築家とバリの職人が作り上げた家は本当に心を開放してくれます。周りが緑と水に囲まれているのもポイントです。本当の贅沢ってこんなところにあるんでしょうね。
本書は、外国人観光客が往来するリゾート観光地としての賑わいとすぐ隣り合わせに静かに息づいている、バリ島に生きる人々が織り成す奥深い精神世界を、著者の個人的なバリとの関わり・体験・視点から、まるでそこにある音・色・匂い・動きまでもそのまま再現させようとするかのような精緻な筆使いで細やかに描写している。
バリ島にはユリアティハウスがあるぐらい 有名なユリアティさんがガイド役を務めるDVD 旅行で使える生のインドネシア語が詰まってます。 イ語の教材が少ないなか、このDVDは 貴重な一枚だと思います。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク