×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[目次]

矯正歯科きょうせいしか)とは、不正咬合を治す歯科診療科の一つ。標榜科として認められている。矯正力によりを移動させ、あるいは上顎骨下顎骨の形態変化を起こすことで、審美性や顎口腔機能回復やその予防を目的とする。

不正咬合は多くの疾患機能障害の原因となり、これを取り除く矯正歯科の役割は大きい。

不正咬合の種類

不正咬合には、個々の歯の位置の不正、複数の歯の位置の不正、歯列弓の形態の不正、上下顎の歯列弓の位置関係の不正がある。歯列弓の位置関係について、アングルの不正咬合の分類が知られる。

不正咬合の治療

矯正を行う時期と治療期間

矯正を行う時期については、個々の症例で大きな差があり、一概には言えない。しかしながら、早い時期に矯正歯科を訪れ、治療手段を決めることが望ましい。

大人でも矯正は可能であるが、子供が、顎の成長と歯の生え替わりを利用する事で、装置を利用して矯正可能な範囲においても、大人では手術を行う必要があることもある。


治療の段階

  • 歯磨き指導
  • 顎の発育コントロールなど
  • 歯の3次元的移動
    必要があれば抜歯
  • 保定

矯正装置

矯正装置は大きく分けると、器械的な力を用いて歯の移動や顎の成長のコントロールを行う器械的矯正装置と、それ自体はなんら力を及ぼさせず、患者の口腔周囲の機能を整える機能的矯正装置の二種類がある。

一般的に知られる装置としては、

  • チンキャップ、上顎顎外固定装置(ヘッドギア)、上顎前方牽引装置
  • 舌側弧線装置、唇側弧線装置
  • マルチブラケット
  • バンド輪ゴム

等がある。

保定

矯正において、目的の位置に歯や顎骨が移動した後、その位置に固定し、後戻りしないようにする作業を保定という。一般的には器械的保定を行う。保定を行う期間については、個人差などにより一概には言えない。


矯正治療中の注意

  • 避けるべき食べ物 : 固いもの、粘つくものを避ける
  • 装置のトラブル : はずれたり、こわれたりしたときやひどく痛むときはすぐに歯科医師に連絡し、指示をあおぐ
  • 予約を守り、定期検診をきちんと受ける。


歯を抜かないで早く終わる矯正ということで買ったのですが、分かりやすい本で一気に読めました。この作者は文章が簡単で、読者の知りたいことに対しての心理をよく分かっていると感じました。何冊か図書館でも読み比べましたが、ダントツでこの本が分かりやすかったですね。読み比べようとする人には是非読んでおくことをお勧めしたい本ですね。

歯科矯正治療全般が、営業的な面を抑えつつ、客観的かつ患者への暖かい気持ちをもって説明されている。もりもりさんの漫画やイラストもすばらしく、文章の内容を理解しやすくするのに一役も二役もかっている。  基本的に現代矯正治療の源はアメリカにある。アメリカで学び、診療し、生活してきた石川だからこそ、ポジティヴに客観的に合理的に矯正治療を紹介できている。職人技や思い込みでない矯正治療の入口が本書であるといえよう。

矯正歯科治療の実例やホワイトニングの体験、矯正歯科医師リストなど実例に誌面の半分以上を割いて精力的にかいてありますので、特に歯並びに関心のある方にお勧めです。  あわせて、予防検診の方法としてPTMC(プロによる歯のクリーニング)や歯石除去、歯面研磨、歯根部清掃や薬剤による虫歯菌殺菌など多く紹介されており、これを読んでおけば歯科医選び、治療法選び、予防対策に心強い本です。

私は現在歯の矯正をしていますが、始める前はやはりかなりの不安がありました。しかし、そんなときにこの本を読んで、歯の矯正に対する疑問や不安が解消されました。歯医者さんに直接聞いても曖昧な答えしか返ってこないようなことも、この本はきっちりと説明してあったので良かったです。

私は、数年、顎関節症で、たまに痛みがある程度なのですが、とても不快でした。医者にも通っており、ある程度の知識は知っていたのですが、この本を読んでとても参考になりました。その当時は、なかなか症状が改善せず、治らないかもと不安でしたが、この本を読んで、治るから大丈夫だと思えました。 今は、症状が改善してきています。 顎関節症の方は、ぜひ一読をおすすめします。

どうして歯がガタガタしているのかよく解りました。原因を除去する事で小臼歯を抜かないで治るなんで・・・嬉しい限りです。そして健康にも繋がるなんてびっくりです。子どもに抜く治療を始めようとしている方はその前に一度読んで見るといいですよ。

今の離乳食の初期は介護食に近く、普通の赤ちゃんに介護食は必要ないと思います。赤ちゃんも人それぞれなのに、一律に5ヶ月から始めましょうだのというのは無理があるのは気づいていましたが、この本を読んで納得してしまいました。おしゃぶりや指しゃぶりなど歯並びを悪くしない方法も書かれており、非常におすすめの本です。

床矯正を選択肢に入れているけど、具体的にどんなものかイメージのない方には参考になります。 比較的に安価で済む治療方法とは言え、やはり矯正治療なのでお金はかかります。 先に情報を仕入れると言う意味では、前編カラーで写真中心のこの本が手軽です。 また、床矯正自体も理念的に(?)素晴らしい治療だと思います。

約一年前より、著者の教え子が開業している歯科で実際に治療中です。当然この本は発行されていなかったので、説明用の小冊子を渡され治療を開始しました。もしこの本を事前に読む事が出来ていれば、安心して治療を受けられたはずだと実感しています。治療を躊躇っている方だけでなく、少し興味がある方へも、自信を持ってお薦めできます。
歯医者さんが書いた本と言うと、保険の治療と保険外の治療の違いだとか、歯を白くするホワイトニングや、骨に埋め込む人工歯根など技術的な話が多いんですが、この本は全身のバランスとか、骨格や筋肉によって、噛み合わせや顔の表情や性格まで影響があると言うようなユニークな視点から見た歯の話が載ってます。具体的なチェック方法や訓練法なども書いてあっておもしろいです。

この本は矯正をしようかと迷ってる人の助け舟となってくれる。 わたしも矯正を考えたけど、この本を読んで思いとどまり、表面的な見栄えだけ良くするのではなく健康的に内面から美しくなる方法があることがわかった。 きれいは健康じゃなきゃ手に入れられない!
最新の矯正治療法などが、非常にわかりやすいく書かれています。また患者のもつ疑問などにも触れられており、歯の健康に興味のある人には、かなりの読み応えがあるでしょう。 本書を読むと今までわからなかった最新の矯正治療の実情を知ることができます。 私も長年にわたって歯並びの悩みを抱えていたのでとても役に立つ本に出合えて幸せだった。
噛む事で脳へ刺激を与えている歯。その歯の本数が少なくなる事によって頭の回転が鈍くなる。ボケにつながるなんて知らなかった。 若年者の痴呆症も増えているし恐い事ですが、治すことによって逆に頭のキレが良くなるって事ですよ。 私は、岸本先生が以前に出版された「抜かずに治す『歯並び』」も読みましたが、治療となるとなかなか重たい腰があがりませんでした。今回は以前より読みやすく面白かったし、治療を真剣に考えさせられまた。
今インプラントにしようか悩まれている方には手にとって欲しい本です。治療例が豊富に写真入で載っています。気になるメンテナンスの仕方や適用、施術を受ける点での注意など知りたい事がわかり易く書かれています。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク