×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目次 [1] [2] [3]
[無料占い] [無料ゲーム]

Loading...

温泉(おんせん)とは、一般に、地中から湯が湧き出す現象やその場所である。またその湯を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。

熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。 含まれる成分により、さまざまな色、匂い、効能の温泉がある。

広義の温泉:日本の温泉法の定義では、必ずしもの温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされることがある(温泉の定義参照)。

日本の温泉

温泉地にまつわる伝説神話の類は非常に多く、また、発見の古い温泉ではその利用の歴史もかなり古くから文献に残されている。

文献としては日本書紀続日本紀万葉集などにの神事や天皇の温泉行幸などで使用されたとして玉造温泉有馬温泉道後温泉白浜温泉などの名が残されている。

江戸時代になると貝原益軒後藤艮山宇田川榕庵らにより温泉療法に関する著書や温泉図鑑といった案内図が刊行されるなどして、温泉は一般庶民にも親しまれるようになった。この時代は一般庶民が入浴する雑湯と幕吏代官藩主が入浴する殿様湯、かぎ湯が区別され、それぞれ「町人湯」「さむらい湯」などと呼ばれていた。各藩では湯役所を作り、湯奉行、湯別当などを置き、湯税を司った。

一般庶民の風習としては正月の湯、寒湯治、花湯治、秋湯治など季節湯治を主とし、比較的決まった温泉地に毎年赴き、疲労回復と健康促進を図った。また、現代も残る「湯治風俗」が生まれたのも江戸時代で、砂湯打たせ湯、蒸し湯、合せ湯など、いずれもそれぞれの温泉の特性を生かした湯治風俗が生まれた。

明治時代になると温泉の科学的研究も次第に盛んになり、昭和以降は温泉医学及び分析化学の進歩によって温泉のもつ医療効果が実証され、温泉の利用者も広範囲に渡った。

欧州の温泉

日本の温泉が入浴本位で発展したのに対し、欧州の温泉は飲用を主に、日光浴空気浴を加えた保養地として発達した。







極上のもてなしと湯・食が三拍子そろった宿ばかりを、総て御自分で歩き、写真を撮り、宿主にインタビューして作り上げた至極の本です。日本の湯宿紹介の本で、これほどまでに上質を追求した本はありません。

温泉に関する古い書籍やゆかりのある人々のエピソードを交えて、エリア別に100の温泉が紹介されており、泉質・泉温・効能に加え、宿情報の記載もあって利便性が高い。また含有成分や泉質ごとの適応症などをまとめたコラムも、温泉学の入門として役に立つ。

ピンクでかわいらしい表紙が目に付き、大きさも通勤中に便利なサイズだったので買いました。  はじめは湯治のことだけ書いてあるのかなと思ったのですが、家庭のお風呂のことも書いてあり、とても参考になりました。ちょっとした工夫でお風呂のお湯を変える事ができるのには驚きました。  湯治のしかたも詳しく書いてあり、時間が出来たらこの本を持ってのんびりホンモノの温泉に浸かりたいなぁと思える1冊です。

8人の温泉通がリコメンドする温泉宿ガイド本。 8人それぞれが温泉を番付表でランキングしている点が面白い。 温泉番付というものが江戸時代からあったというのには 驚きだが… 江戸時代から湯治の旅というのが庶民の間では存在し、 「七日三まわり二十一日」、つまり21日間の湯治が 最も効果的だとか。 うらやましい…次はどの温泉宿に泊まろうか、 計画を練るときに便利だ。

 温泉遺産。昔から受け継いできた旅館のたたずまいや湯舟の様子は、京都や奈良の社寺に負けずとも劣らない文化遺産であるというのが、全編から伝わってきている。そして、温泉に対する思い入れ伝える豪華な執筆人。これ一冊で、日本の温泉遺産がよくわかる。  読んでいてわかったこと、本物の温泉に入ろうとすれば、平日でも1泊軽く1万円を超えるというのがよくわかった。サービスを買うのにも、お金がいるのね。

温泉教授の全国おすすめ温泉宿114軒ガイド付き!「泉質」や「効能」はもちろん、「源泉率」「湧出量」「換水の状況」などに至るまで精緻に調査!“温泉が危ない時代”に自信をもっておすすめできる本格派の温泉宿を完全網羅。

写真が豊富でキレイなことに加えて、「ダメ出しインタビュー」が面白かった。作者の実泊レポート部分と、ご主人のインタビュー部分が分かれているのがいいです。 お酒の種類まで書いてある詳細なデータもよく、特に水周り写真と食事開始可能時間は使えます!レポートしてあるのは19軒ですが、宿のご主人がたの「印象に残った宿」名も羅列してあるので得した気分です。 宿の選び方のコラムも勉強になるし、巻末にある、作者が温泉宿で体験した不快な経験談のコラムはまったく同感で、温泉好きには一冊で何回も役に立つ1冊です。

なにも地方の名湯秘湯にまで足を伸ばさなくても、ご近所に癒しの“ホッとスペース”が! 天然温泉、露天風呂、こだわりの薬湯、砂風呂、岩盤浴にエステ……。様々に趣向を凝らした駅前温泉。さあ、ぶらり途中下車して、ホンワカしませんか?

心身の癒しの場として、見直されている湯治。比較的手ごろな値段で泊まれる温泉宿でのんびりしたい人にはぴったりの本。著者が訪れての体験的案内なので、読んでいるだけでも温泉に行ったような気にさせてくれるところも嬉しい。続編と2000年11月に発売された「とっておきの源泉湯治の旅」をあわせて読めば、約180ケ所の湯治場が分かる。巻末にアトピーに効く温泉など効能別の索引があって温泉選びの選択の基準になる。
この本の特徴は旅館紹介本ではなく、温泉を使った健康増進に関する教本のようなものだと思う。温泉の効能から泉質、そこから生まれる医科学的な説明。それを実践するのを手助けしてくれる温泉療養アドバイザー一覧(医師や専門家)。そして実践する旅館の紹介。療養というと重苦しいかもしれないが、基本は日々の気遣いである。そのことを気づかせてくれた「温泉療養の手帖」は価値のあるものだと思う。
 洞爺湖温泉を産湯とした温泉教授が、北海道のホンモノの温泉の一部を紹介する。  温泉の数が全国で最も多い北海道。自然そのままの雄大なパノラマが広がる、あるいは自然の一部のように、木々や渓流に溶け込んでいる露天風呂、良質な木の湯船の感触に癒される内風呂など、北海道ならではの温泉が盛りだくさんである。  温泉好きの方は、北海道旅行の際、この本を手にしてプランを立ててみてはいかがだろうか。
★SUZUKI命の賀曽利親分。54歳にして、あっけらかんの紀行文。素晴らしい。尊敬しております。克明な記録を取りつつ、現地の物価もよく分かります。大変さなど微塵もないツーリング紀行。ゴロゴロしながら、楽しんでます。過酷という感情は、親分には無いのでありましょうか。焼酎の肴にさせてもらってます。50ccの魅力が満載ですよねぇ。
文庫ながら全頁カラーという豪華版です。しかし、その内容は温泉を題材にしつつ“のんびり”“ゆったり”とは無縁のモノ。蛇が泳いでいたり、見た目は沼地以外の何モノでもなかったり…「マジ、そこに入るの〜???」と思う温泉に著者(兼カメラマン)は時に毒マスクをして入るのです。「何故、そこまでして…」と、もし問えば「そこに温泉があるから」という言葉が返ってきそう。真似できないからこそ面白い、そんな一冊です。
温泉ブームと言われて久しいが、紹介されるのは有名な所かそうでなければ『秘湯』と呼ばれる隠れた温泉なのだが、テレビなどで大々的に報じられては秘湯もくそもない。 そんな温泉に飽きた人にはこの本で紹介されている、「こんなところに!」「これが?」と思わせる超秘湯がおすすめ。 中には地元の人も知らない温泉が載っていたりと著者のその捜索力には脱帽してしまう。
深田久弥に絡む百名山の本は沢山ありますが、このDVDは絶景ポイントも紹介していて、同行女性の臨場感ある自然なアクションも好感がもてます。また、百名山各々に温泉が紹介されているので、さらに行きたくなります。
【奇跡の温泉】と同じように 主人が購入しました。 合わせて読むと、怖いものナシ、医者要らず? かどうかは、わかりませんが 体に悪いものではないことは確かでしょう。 鄙びた温泉宿の写真や、源泉の写真、 1巻目と同じく、お取り寄せ情報も満載で ぜひ、両親にも贈りたいと思います。
温泉にゆったり入って楽しむなんて、日本独特の文化かと思っていたのですが、この本を読んで、世界中でそれぞれに温泉を楽しんでいることがわかりました。温泉の効用は世界共通にみんなが認めるところなんですね。さすが、世界には日本にない巨大な温泉プールや超豪華な施設まであるので、行ってみたいところがたくさんできました。近場の台湾や韓国も面白そうです。
女性が実際に入浴して書いた混浴露天風呂のガイドというのは初めてではないでしょうか。 月刊誌のビーパルに連載していたものを纏めたものですが、連載中から楽しみに読んでた私はすぐに買ってしまいました。
「日本秘湯に入る会」のメンバーそれぞれによる「好き!」な温泉の案内で、普通のガイドブックとは一線を画する一冊です。一人の著者(またはグループ)による記述ではない分、「好きな温泉」に対する思い入れも多様で、楽しく感じ取れ面白く読み進めていけました。
この本は、本来のスパとしての効用を追求した欧米アジア等各国の伝統的スパホテルを紹介しています。でもフリークな難しい本ではありません。保養やリラックスを目的として、すてきなホテルでスパ体験してみたい・・・インドや南米などは実にユニークです。スパの真髄とリゾートとしての癒しの両面から楽しめるホテルの本として、たいへん興味深く読みました。写真と説明が程よく、おすすめです。
主人が購入しました。 温泉が好きで、時々行くのですが 全国の温泉が効能別に紹介されています。 読むだけで、行ってみたくなります。 住所や連絡先も事細かに出ていますし 遠方でなかなか行かれないような温泉の源泉水の お取り寄せ情報も出ていて、とても親切です。 温泉って、入るだけじゃないんですね。 飲む健康法、ちょっとは聞いていましたが この本を読んで、試してみたくなりました。 温泉で温まったわけではないのに この本を読みながら横になると なぜだか すんなり眠りにつけるのが不思議です・・
福島20、山形20、宮城15、秋田18、岩手13、青森14の源泉かけ流し温泉を1温泉1頁にコンパクトにまとめて紹介。 風呂場をメインにした温泉好きの食指をそそる写真も豊富。 昨今の温泉論議を受けて、泉質についても細かいデータを掲載。 全頁カラー印刷で、いい色を出しており、中でも気に入ったのは岩手の国見温泉のみどりの湯。ちょっと足をのばして見るかな。といった気にさせる。




Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク