×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ハイパー検索


気象予報士試験


気象情報

気象庁
気象予報士会
日本気象協会
日本気象学会
気象業務支援センター
れいにぃのはれくも
ばたやんのお天気相談室
てんきや
独学で気象予報士
気象予報士のおはなし
初めての気象予報士試験
気象ノート
天気.jp
天気予報コム
地球温暖化教室
よくわかる地球温暖化
地球温暖化防止活動
地球温暖化

気象ガイド


気象ニュース

Googleニュース
Yahoo!画像
Google画像
goo画像
YouTube動画
Yahoo!動画
infoseek動画
掲示板
ブログ
amazon
楽天
ヤフオク

地球温暖化


お知らせ

ここを友達に教える
リンクフリーです
自動リンク
宣伝掲示板

天気予報



異常気象


おすすめ

一級建築士 事務所
薬剤師 薬科大学
猫 壁紙
紅茶 喫茶店
簿記 1級
犬 ドライフード
ぜんそく アレルゲン
エクセル 関数
ドライブ 関東地方
タイピング 検定
スノボ トリック
ロボット 中古
肝試し 怪談
フィギュア オークション
アイドル 壁紙
ゲーム 攻略
アニメ 漫画喫茶
mp3 ipod
映画 上映日程
トリック BMX
料理 イタリアン
ピアノ 教室

Firefox


Powered by
Dr.Blog
[無料占い] [無料ゲーム]

目次 [1]

Loading...

気象予報士(きしょうよほうし)とは、日本国家資格の一つで、気象業務法第3章の2に基づき、指定試験機関(気象業務法第24条の5、財団法人気象業務支援センター)が実施する知識及び技能についての試験に合格した者(同法第24条の4)であって、気象庁長官による登録(同法第24条の20)を受けた者をいう。

1993年の気象業務法改正によって、気象庁以外の者に対する予報業務の許可が一般向け予報業務についても実施されることになった際、その予報業務の技術水準及び信頼性を担保するための予想担当者の技能試験として創設された。第1回試験は、1994年8月28日に実施されている。

概要

気象庁長官の許可を受けて予報業務を行う予報業務許可事業者は、予報業務を行う事業所ごとに気象予報士を置かなければならず(同法19条の2)、予報業務のうち現象の予想については、気象予報士に行わせなければならない(同法19条の3)。

この資格が新設された当初、テレビの気象解説者が試験を受けて話題になったが、現象の予想を伴わない単なる天気解説(気象庁や気象予報会社の発表した予報を解説するだけ)には、気象予報士の資格は必要ない。それでも、最近では気象予報士の資格を持つ局アナもみられるようになっている。

2007年3月末現在、気象予報士名簿に登録された気象予報士の数は、6,170名となっている。気象予報士のうち、予報業務許可事業者に就職している者は700名程度、そのうち現象の予想に携わっているのは400〜450名程度とみられる。一方、その他の業界において、1500〜1800名程度の気象予報士が、経営判断のための気象情報の分析、報道・教育等用の気象コンテンツの作成等に携わっているものとみられ、むしろ制度目的の想定外で活用される資格となっているのが現状である。

気象予報士の団体として日本気象予報士会があるが、これは任意加入団体である。

受験資格

  • 制限なし

試験

  • 1月下旬頃と8月下旬頃の年2回行われる。法律では年1回以上と定められているが、2006年現在、2回が通例となっている。

試験科目

学科試験(多肢選択式)
  1. 予報業務に関する一般知識(60分間)
    1. 大気の構造
    2. 大気の熱力学
    3. 降水過程
    4. 大気における放射
    5. 大気の力学
    6. 気象現象
    7. 気候の変動
    8. 気象業務法その他の気象業務に関する法規
  2. 予報業務に関する専門知識(60分間)
    1. 観測の成果の利用
    2. 数値予報
    3. 短期予報・中期予報
    4. 長期予報
    5. 局地予報
    6. 短時間予報
    7. 気象災害
    8. 予想の精度の評価
    9. 気象の予想の応用
実技試験1、2(記述式)…各75分間
  1. 気象概況及びその変動の把握
  2. 局地的な気象の予想
  3. 台風等緊急時における対応

学科試験に合格して実技試験に不合格だった、または学科試験の一部のみ合格点を取った者は、その後1年間(試験2回)、合格点を取った試験が免除される。また、気象庁または自衛隊で予報の実務経験がある者などについても、学科試験の免除制度が用意されている。

受験地

北海道・宮城県・東京都(2箇所)・大阪府(2箇所)・福岡県・沖縄県の6都道府県8箇所で行われる。





本書は、まさに気象予報士試験の出題分野にあわせて作られた書籍と言えます。 気象予報士試験の出題分野全般にわたる知識の整理や定着に有益であることはもちろん、教科書的な使い方も可能だと思います。さらに、辞書的に使うこともできるため、気象予報士試験を目指す方にとっては1冊あって損はしないと思います。

気象予報士試験のための書籍は、過去問を中心としていくつかありますが、実技対策のためのものとしては、本書は、分量・内容ともに、とても貴重なものと言えます。 オーソドックスな問題について、例題を通じて学習することができます。過去問を解くことも重要ですが、こういった例題集での学習を交えながら過去問の勉強をする方がより効果が高いでしょう。

よくわかる気象予報士とこの本の2冊が私の気象予報士の取得を本当に支えてくれました。何度受験しても合格できなかった時に出会ったのがこの本でした。要点を効率よく理解することができました。素人の私にもわかり易い表現で解説していたので、本当に勉強しやすかったです。

気象予報をする場合(気象予報士などのレベルで)に使う各種天気図、予報資料が ほぼ網羅され、それぞれの見方について丁寧に説明されています。 気象資料を利用する際の「この破線って何を意味してるの?」といった素朴な疑問は 必ず解決できると思います。 気象予報士試験に関する試験テクニック的な内容ではありませんが、間接的には かなり役立ちます。私も合格しました。

雲にいろいろな名前がついているのを見ると、日本人は空を見るのが好きだったんだなぁと思います。 空や雲を見ることは、昔でいえば生活に密着したものだったかもしれないですね。 今じゃ天気予報まかせで、空を見ることも少なくなっちゃったけれど、これを気に上を向いて歩いて見るのもいいかもしれません。 飛行機雲って、細いすじ状の雲をつくるだけじゃなく、雲の中を通った後に、雲を消してできる飛行機雲もあると分かったし、 遠くの雨すじがみえたり、雪の形のあられや、タンジェントアークとか、彩雲という、虹のような色をしている雲があると知りました。


例えば小学生のとき、「学研まんが・ひみつシリーズ」をよく読んでいたような方には、 絶対におすすめです。 全ページフルカラーで、衛星写真や模式図もたくさん掲載されているのにこの価格。 加えて、見開き2ページでひとつのトピックが完結するため、飽きさせません。 よくできた学習参考書のような構成。 地球温暖化やヒートアイランド、はてはハリケーン・カトリーナなど最近の話題も 取り上げられているのが良い。
この本を買って,実際に読んで見ました。 お値段もお手ごろで,ずいぶん分かりやすく説明されているわりには, 安いです。 いいですね。 内容も初心者にとても分かりやすく説明されていますので,気象予報士を目指して勉強にがんばってる人などにとても効果的と思われます。
雲やお天気の移り変わりを見ているのがただ好きだったのですが、少し勉強したいと思って購入しました。子供の頃から理科や科学が苦手で、天気の本はどれも難しかったのですがこの本は子供向けの本なのでとても丁寧に分かりやすく書かれていて写真もなかなかきれいで雲やお天気に興味を持ち始めた方には入門編としてもいいと思います。もちろんお子さんにもいいですよ。
本書では、地球環境の変化は上記のような数十年〜百年などという緩やかな温暖化と いう枠の中で生じているわけではなく、現在の温暖な気候から氷期へと突如として 変化しうる痕跡を『古気候学』という比較的新しい学問の発展を通して、数十万年 前までの気候変動を鮮やかに現代に蘇らせています。 学問的には極地の氷河や海洋堆積物を調査し、それぞれガス成分や微生物のC14 などの分析を通して推測していくわけですが、きちんと根拠が示されていて、納得の いく説明がされています。
風、雷、雨、雪といった原因で遭難に至った例が、実際の経過を踏まえて紹介されています。この本のでは、遭難となる前に人間にはどのような判断の分かれ道があったのか、そして、どこで判断を誤ったのかに踏み込もうとしています。そもそも、気象という自然現象を前にして人間は非常に無力なのですが、人間が知性をフルに発揮することで気象遭難を回避できるのではないかと感じさせられる一冊でした。
今まで僕たちは、「季節の変わり目には病気が出やすいから、気をつけましょうね。」という言葉を知らず知らず覚えてきました。 この本は、NHKの有名な村山貢司気象予報士が書かれたものですが、村山氏はここから一歩進んで、気象と健康についてのデータを元にとても分かりやすく春夏秋冬、低気圧、高気圧、梅雨等々に関して詳細に分析されています。加えてそれらと季節に関わりのある(実は気象に関わりがある事に気づく訳ですが…。)病気の指摘、そして更には予防方法まで。
これという目的があって購入したわけじゃないのですが、写真が豊富だったのと解説がわかりやすくて、天気の用語を知らなくても理解できそうなので買いました。空の写真がこれでもかとのっていて、それと今出てる空とを見比べて自分なりの天気を予測できます。今日雨フルかもな・・・という程度ですが、自分で予測できるのがおもしろいです。 あと、知ってそうでしらない雷のよけ方みたいなものとかも載っていて、雑学的な知識もつきます。




Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク