×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


矢沢永吉

目次 [1]

[無料占い] [無料ゲーム]

Loading...

矢沢永吉やざわ えいきち1949年9月14日 - )は広島県出身の「ロックンローラー」。


キャロルのメンバー。

血液型はB型。愛称は「永ちゃん」「ボス」。ロゴマークは「E.YAZAWA」。他者を寄せ付けない極められた貫禄、ずば抜けた実績、唯一無二の影響力から、日本のロック界を代表するカリスマ、ビッグスターとしてよく紹介される。50歳を超えた今もその絶大な人気は揺るぐことなく、独創性は衰えを知らない。ファンが熱狂的なことでもよく知られている。


シンガーソングライターであるが作詞はほとんどせず、他のアーティストに楽曲を提供したこともほとんどない。俳優として映画ドラマの主役を務めたこともある。CM出演も多数にのぼる。また、プロデューサーとして自身の多くのアルバムを手がけてきた。コンサートの興行や演出なども自身の会社が行い、自らが全体を取り仕切る。


デビューから30年以上を経過しているが、今でも熱狂的なファンを多数擁している。日本ではかねてより50代のロック歌手は存在せず、矢沢が初めてのアーティストとなった。自身もその事を意識しており、誰も到達していない未知の領域に対する挑戦が、新たな記録とファンを生んでいる。

2007年現在、楽曲数300曲・ライブ総数1500本・総動員数550万人を超える。オリコンアルバムランキングベスト10入り最多記録(46作)と日本武道館最多公演記録(97回)を更新中。


家庭的には恵まれた環境ではなかった。実母が家を出て実父は原爆後遺症で早逝した為、幼少期は親戚をたらい回しにされ、その後は祖母に育てられ極貧の少年時代を過ごした。中学時代ラジオから流れるビートルズを聞いてロックに目覚める。広島国際学院高校から広島市立工業高校定時制に転入。1968年、高校卒業と同時に広島から、トランクとギターとアルバイトで貯めた5万円を握り締めて最終の夜行で上京。が横浜で途中下車。 チャイナタウンなどで働きながらバンド活動を始める。横浜、横須賀川崎などのライブハウスやキャバレー、兵隊の集まるゴーゴークラブで歌う。


自作の曲『アイ・ラブ・ユー、OK』のテープをレコード会社(東芝EMI)に持ち込んだが、売れないと社員に酷評される。東芝EMIを選んだ理由は、「ビートルズのレコード出してるから」。

「ザ・ベース」「イーセット」「ヤマト」といったいくつかのバンドを経て、矢沢が張り紙チラシで募集をかけ1972年ジョニー大倉内海利勝・ユウ岡崎らとロックバンドキャロルを結成。ボーカルおよびベースギターを担当。

キャロルはデビュー時、内田裕也のレーベルとミッキー・カーチスのレーベルの二者から誘いを受けたが、キャロルは内田に侘びをいれ、ミッキーを選んだ。しかしこの際、金銭的にキャロル側に著しく不利な契約を長期で結んでしまったため、後にキャロルはミッキーとも袂を分かつことになる。


ミッキー・カーチスのプロデュースにより日本フォノグラム (フィリップスレーベル、現在のユニバーサルミュージック) からシングル『ルイジアンナ』でデビュー(フジテレビリブヤング」)。 革ジャンにリーゼント、ロックン・ロールというスタイルでいわゆる芸能界以外から登場し、当時のフォークソング一辺倒だった音楽シーンに衝撃を与えた。キャロル出現のインパクトは絶大で、以降の国内ロックアーティストの多くがリスペクトしている。

1974年3月には、パリで行われた山本寛斎のショーにキャロルが出演し、『ルイジアンナ』『ヘイ・タクシー』『憎いあの娘』を演奏している。

もっと詳しい説明


油の乗ったピーク時の永ちゃんの姿が収められた最高作です。アメリカ進出というビッグドリームを前にした最も頂点に立ったた時期の矢沢が最高にやばいです。ギラギラしてます。フアンもみんなボスの夢の1部となってます。これがカリスマでありスターのオーラです。真のオーラを観るにはこの映画が最高の教材となります。でか過ぎる存在感は元気どころか無意味なまでの荒々しさまでも与えてくれます。
シンプルで、しかもパワフルな最新のライブ。52歳という年齢を感じさせない、ロックンローラー矢沢永吉の最高の世界を堪能できる。常に新しいものを捜し求める矢沢は、新メンバーでの登場。デビットボウイ等世界最高レベルで活躍しているメンバーのギターサウンドは、ギンギンで、ドラムのマークなんてもう最高。2曲3曲と聞きながらだんだんと興奮してくる。今回はひさしぶりにリーゼントのエイチャンだ。かっこいい。とにかく、できれば最高の環境で、音も大きくして楽しんでもらいたい。
この、DVDが出ると聞いた時「本当に?」、そして、[やったー]という気持ちでした。25年間、CAROLの時から聞いてきたその集大成に近い物ですから。昔、VTRをもってない頃の映像も含まれているので、私にとっては、これは、一生の宝物になります。落ち込んだ時、悲しい時、うれしい時、頭にきた時、いつも、矢沢永吉と一緒でした、LIVEの映像は見られてもVIDEO CLIPは見たくても見られないものでしたから、気持ちだけでも20年前に戻れそうです。 とっても、Happyです。

ROCKOPERAというツアー名にこだわったせいか、バラードナンバーが多くなったのは確かですが、このバラードナンバーで見せるマイクターンが抜群に格好よく、鳥肌ものです。とはいえ、終盤はおなじみの「止まらない〜」「黒く〜」といったロックナンバーが占めており、成熟した矢沢ナンバーの名曲の数々を楽しむことができます。非常に完成度の高い見ごたえ、聴きごたえ充分のDVDです
永ちゃんシブすぎ!!「本当に50代なの!?」って感じ。めっちゃSEXYだし、相変わらずマイクターンはかっこいいし、「大人の男」の色気さえ漂ってます。昔のとんがってる永ちゃんもいいけど、50代に突入してもなおパワフルになっていく永ちゃんに私は元気を貰っています。あと、インタビューは必見です!!内容は・・・、自分自身で確かめてください!!

残念ながら観に行けなかったのでDVDを買ったが、本当に素晴らしい。レビ ューを書いている方々皆同じ思いだと思うし、糸井重里さんも言っているけど 「進化する矢沢」を観せてもらったと思う。以前、ニューヨークのブロードウ ェイミュージカルやラスベガスのショーなどを観まくった時期があるが、それ らに負けない上質なエンターテインメントであると私は思う。この試みは、 2003年の「ROCK OPERA」に受け継がれて、益々矢沢流の質の高いエンタ ーテインメントへと進化していると言えるのではないか。ファンに迎合するこ となく飽くなき新しい挑戦を続ける矢沢は本物のプロだ。

ベスト盤ですが侮るなかれ。これ一枚で、キャロルの素晴らしさが良く分かります。代表曲ばかりなので、初めて聴く方にはもってこいです。個人的には「ファンキーモンキーベイビー」「夏の終わり」「レディーセブンティーン」が僕のベスト3かな。でも、ビートルズ、チューリップ、太田裕美、クルセイダーズ、高中正義、レッドツェッペリン、ラリーカールトンといった、レビューを書いている多くの僕のお気に入りアーティスト同様、順位付けは困難ですが。キャロルを俯瞰して楽しむのにはもってこいです。

ギュギュッと“永ちゃん”が詰まっている、永ちゃん名曲集2枚組。私はこのアルバムを、発売当初から今現在まで1番多く長く聴いている。古い作品だが、いつの時代も永ちゃんはやっぱりカッコイイ!!。有名な曲がいくつも入っていて、曲数も全33曲と多く、聴き応えありあり。最近の永ちゃんしか知らない人には、ぜひとも聴いて欲しいアルバム。

おや、また、セルフカバーアルバムかなっと思って、喜び勇んで聴いてみると、なんと逆輸入盤の復刻盤だそうな。えっ、ホント?13年前ですって。と聴いてみるとこれまた音が凄く良い。まさに80年代の良質のAORがそこにあります。コンサートでもよく歌われる曲が多いのも、矢沢さんの思い入れもあるのでしょうが、良い曲達だからでしょうね。  タイトル曲の”FLASH IN JAPAN”などは、オリエンタル調に仕上げられてはいるものの、声が矢沢さんというだけの、TOTOやスティーリー・ダンなどを髣髴させる、そんな乾いたアメリカがそこあるんです。

キャロルでの大成功から、ソロになって、スーパースターになった永ちゃん。ソロ活動を始めた頃の曲が集められたこのアルバムが、個人的には一番ピッタリきます。ソロになった時の危機感が、熱さとなって伝わってきますね。危機を乗り越える過剰なほどの自信満々の曲作りが、何といってもYAZAWAの個性を形作っていると思います。伝わってきますね、魂が。Iは、永ちゃんの音楽性の幅広さが現れた名曲。Dは、アマチュア時代から暖めていたファンならグッとくるでしょう。

若さで突っ走った70年代、より成熟し、大人の艶気を増した90年代ももちろんいいのですが、80年代の永ちゃんも、若さに円熟味が加わり、永チャンでなければ決まらない格好いい歌詞を持った名曲が多数収録されています。 とりわけ嬉しいのは全米進出戦略の一環で、名曲「止まらないHa〜Ha」を英語バージョンにしたNが日本盤で初めて収録されていることでしょうか。暑い毎日を吹き飛ばしてくれる格好いい曲満載のアルバムです。

矢沢永吉が90年代に発表した、主な曲を収録している。  全ての曲がカッコ良くてそしてシブイ。どこまでも走り続ける矢沢永吉の熱い魂に感動させられる一枚です。

矢沢がキャロル解散後CBSソニーへ移籍後、ワーナー移籍を契機に1980.6.1に発売されたリミックスベスト。12はシングルバージョンとは異なる本ベストのみに収録した別テイクだ。ストリングスをフィチャーした。 たくさんベストが出ているが、本作を購入するなら、このあとの2とあわせて揃えるといいだろう。音は抜群にいい。初CD化された。

私が始めて自分で買ったレコードがこれです。今は、レコードが聴けなくなりました。買ってからもう20数年もう一度あの頃の想いがどうしても聞きたくなり購入しました。私にとってこのアルバムが一番の思い出です。

日本のロック史上に燦然と輝く名盤。 このアルバムから、プロデューサー・YAZAWA の海外レコーディング史が スタートする。 それまでの日本人アーティストの凡百の「海外レコーディング」と YAZAWA のそれが違っていたのは、単なる話題作りではなく、 欲しいサウンドに必要なミュージシャンを雇って「使った」ことだろう。 当然のことながら、いかに世界的にビッグなミュージシャンのプレイであろうが、 気に入らないテイクにはダメ出しをして・・・。 多くの邦楽アーティストが憧れていた(だけの)有名プレイヤーたちと 友達になって、面と向かってセッションをして、いい音を音源に刻んでゆく。 欲しいサウンドを得るためにロスに引っ越し、英会話学校にも通ったという YAZAWA の本気度が、このアルバムで見事に結晶化している。

矢沢、いややはり永ちゃんと呼びます。キャロル解散後の、彼の日比谷野外音楽堂でのライブ。いやあ、名曲揃い。彼の作曲能力の凄さには、ただただ感心するのみです。どれも本当によい曲ばかりで、僕の愛聴盤です。強いて一番好きなのは「トラベリン バス」かなあ。ところで、バックを務めているのが、以外にもミカバンドの面々。このころからサディスティックスだったのか。一応、ギター高中正義、ベース後藤次利、キーボード今井裕、ドラム高橋幸宏で、あとギターとドラムがもう一人加わってツインギター、ツインドラムになっています。従って、バックも厚くてよいです。高中ファンも知らないかも。中ではやっぱり、後藤さんのベースがいいなあ。でも、もちろん主役は永ちゃん。いい味だしてます。歌もうまいし。初期の永ちゃんを楽しむにはもって来いです。

本書はBSデジタル5局共同特番を単行本にしたもの。1時間番組ではカットされた部分も含め、完全収録されている。いつもはインタビューや取材を“受ける側”の二人だが、今回は二人だけの対談ということでお互いの質問に対する答えが深いと思う。答えを本当の意味で理解し共有している雰囲気が伝わってくる。 イチローと矢沢永吉。二人は僕からすれば雲の上の存在よりも上の存在だけど、本書を読んでいると二人とも「いやぁ〜まだまだこれから!もっと上手くなりたい!もっと向上したい!」と第一線という立場にいながらも胡坐をかいていない、すごく人間的で身近な感じがした。 贅沢を言えば、次回は、中田英寿×イチロー×矢沢永吉 で3者対談して欲しい!!!これは実現して欲しい!って人多いんじゃないかな!?







Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク